Blog de Lapinagile

 
新作、新着情報、日々の話題などをご紹介します。
<< 月舘れい展 | TOP | ジョルジョ・モランディ展 >>
0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン
     

     
    日本中、世界中に、美術を志す若者はたくさんいます。
    皆さんそれぞれに大変なことや悩みなどを抱え、それでもがんばって美術に取り組んでいることと思います。
     
    2年前から参加させていただいているグループ展「サッポロ未来展」は、北海道にゆかりのある40歳未満の美術作家による展覧会です。
    私は北海道の大学で美術を学び、2年前は青森でサッポロ未来展が開催されたこともあり、参加させていただくようになりました。
     
    昨年のサッポロ未来展は、ロシアとの交流展ということで、サハリン州立美術館で展示が行われました。
    今年は、その時ご縁のあったロシアの若手美術作家を札幌にお招きし、日本とロシアの作家約40人で、8月8日から20日まで、北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)と札幌時計台ギャラリーの2会場で展覧会を開催します。
     
    展覧会を開催するには、とてもたくさんの準備が必要です。
    さらに今回は参加人数も多く、会場も2会場ということもあり、我々が負担している出品料やいただいている協賛金では運営資金が足りません。
     
    なので今回、サッポロ未来展では、個人の方でご支援いただける方を探すことになりました。
     
    ご支援いただいた方には、その金額に応じて、メンバーの作品をお贈りすることになっています。
    金額は1万5千円から5万円まで、6つのコースがあります。
    お贈りする作品は、サッポロ未来展の中でもすでに作家として活躍の幅を広げているメンバーの作品や、意欲のある若手の作品など、様々なものから選んでいただくことができます。
     
    ご支援の方法とお選びいただける作品は、サッポロ未来展のホームページでご覧いただくことができます。
    → ホームページはこちら
     
    私の作品は、F0号のシルクスクリーン3点セット(25,000円のご支援)、F3号のアクリル画(50,000円のご支援)からお選びいただけます。
    作品はどちらも額装したものをお届けします。
     
    地方で活動している我々は、地方だからこその活動を広げていきたいと思っています。
    興味を持っていただけましたら、どうぞサッポロ未来展のホームページをご覧ください。
    そしてよろしければ、どうぞご支援をお願いします。
    お知らせ | 22:12 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://blog.net-de-lapinagile.com/trackback/1233339
    トラックバック