Blog de Lapinagile

 
新作、新着情報、日々の話題などをご紹介します。
<< 坂本英子作品展 -Hello つないでいくガール- | TOP | 月舘れい展 >>
0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン
     

     
    北海道立函館美術館で、「ひろしま美術館所蔵 フランス 近代美術をめぐる旅」見てきました。
     
    函館美術館は、大学時代に学芸員実習やボランティア活動などで大変お世話になった美術館です。
    現在私は函館のギャラリー三日月さんで、個展を開催中です。
    なので美術館にご挨拶がてら、個展のチラシも置かせていただこうと、数年ぶり(もしかしたら10年ぶりくらい)に美術館に伺いました。
     
    当時お世話になった学芸員さんは、もう異動されて函館にはいらっしゃいません。
    でも美術館に行ったら、当時からいらっしゃった監視員のお姉さんが私を覚えていてくださって、とても嬉しかったです。
     

     
    函館美術館は五稜郭公園の隣にあります。
    五稜郭は桜の名所としても知られていますが、この日はまだ少し桜には早いようでした。
    しかし木によっては3割くらいは花が開いていて、お天気も良かったので早くもお花見をしている人たちもいました。
     
    フランス絵画展は、ロマン主義、写実主義、印象派、後期印象派、フォービスムにキュビスム、エコール・ド・パリまで、フランス絵画の華やかな時代の作品を一気に見ることができました。
    有名な作家の作品ばかりなので、美術を学ぶ高校生なんかに見せたいなと思いました。
     
    最近、アンリ・ルソーが好きです。なんか近いものを感じるから。
    ルソーは「要塞の眺め」という作品が展示されていました。
    それから、アンリ・ル・シダネルの作品もちょい気になりました。
    「胸像、ジェルブロワ」という作品で、オレンジを基調とした胸像のある庭の絵なのですが、窓の中が蛍光オレンジのごとく光っていて、でも庭は殺風景で、何となく気になりました。
     
    とても分かりやすい展覧会だったので、五稜郭にいらっしゃった方は、美術館にも入ってみれば良いなと思いました。
    新幹線が通って盛り上がっている函館です。
    新幹線の乗車率悪いとか聞いてましたが、実際乗ってみて函館に行ってみたら、そんなのきっと嘘ってくらい以前より賑わってました。
    盛り上がってる函館を楽しんで、たくさんの人に美術館も楽しんでもらえればいいなと思います。
    展覧会鑑賞 | 18:00 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://blog.net-de-lapinagile.com/trackback/1233337
    トラックバック