Blog de Lapinagile

 
新作、新着情報、日々の話題などをご紹介します。
<< ボッティチェリ、フェルメールとレンブラント、JW&PH | TOP | 大阪に行きました >>
0

     
    八戸市美術館で「石橋忠三郎のガラスアート展ー芸術性と遊戯性の間でー」見てきました。
     
    石橋忠三郎さんは、八戸市在住のガラス造形作家の方です。
    市内に工房があり、制作されているそうです。
     
    展覧会では、不思議な造形のガラス作品をたくさん見ることができました。
    きれいなだけではなく、ポップだったり、重厚感があったりしました。
    ガラスがガラスではなく、氷のように見えたり、水のように見えたり、靄のように見えたり、重たい石のように見えたりしました。
    ガラスという素材でいろいろ遊んでいるようで、楽しそうでもありました。
     
    今日は美術館の2、3階では、書道展もやってました。
    書道もいろいろ楽しそうでした。
    展覧会鑑賞 | 16:20 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://blog.net-de-lapinagile.com/trackback/1233333
    トラックバック