Blog de Lapinagile

 
新作、新着情報、日々の話題などをご紹介します。
<< アートフェア札幌2015 | TOP | 高橋コレクション展とかいろいろ >>
0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン
     
    2020年の東京オリンピックのエンブレムが、先日まで公募されてましたね。
     
    オリンピックのエンブレムをデザインすることは、デザインをやっている人、学んでいる人、すべての夢だと思います。
    亀倉雄策さんがデザインした1964年の東京五輪のエンブレムは、教科書にも載っているほど有名で、あれ以上のものができるのかしらと思わせられるような作品です。
    以前発表された佐野研二郎さんのエンブレムを初めて見た時も、亀倉さんの作品の影響を受けているのかしらと思ってしまったくらいです。
    しかし佐野さんのエンブレムが使用中止になり、エンブレムをデザインするチャンスが、多くの人に与えられることになりました。
    このことは、私としてはとても嬉しいことでした。
    亀倉さんの作品のように、歴史に残る作品を作ってみたいと思い、このチャンスに私もエンブレムをデザインして応募してみることにしました。
     
    しかしいざやってみると、良いデザインって、とっても難しいです。
    学生の頃にさらっとデザインをやってたくらいで、現在はデザインの世界から遠ざかってる私が、そうそう良いものをデザインできるわけがありません。
    どうしても亀倉さんの作品や、とてもきれいな招致エンブレムが頭をちらつきます。
    あまり良いものができなかったけれど、応募しました。
     
    今回の公募では、14599件の応募があったそうです。
    エンブレム委員会のサイトによりますと、応募者は40代の方がいちばん多く、次いで30代だったそうですね。
    18歳未満の方が含まれるグループ応募は627件、最高齢は107歳だそうです。すごい。
    今日、「エンブレム応募の御礼」というメールが届きました。
    そのメールには、このエンブレム応募も東京2020大会への参画ですということが書いてありました。
    自分でエンブレムを考えてみる機会を持てて、楽しかったです。
    オリンピックが東京に来ることになって、スポーツとは何のかかわりもない私みたいな人たちが、今回の機会を得ることができてとても良かったと思います。
    どんなエンブレムが選ばれるのか、とても楽しみです。また、2020年大会も、とても楽しみです。

    応募したエンブレムのデザインは今のところ知られてはいけないみたいなので、結果が出た後に忘れてなかったらアップしたいと思います。
    日常 | 19:13 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://blog.net-de-lapinagile.com/trackback/1233325
    トラックバック