Blog de Lapinagile

 
新作、新着情報、日々の話題などをご紹介します。
<< サッポロ未来展inサハリンの報道記事 | TOP | ROCK IN JAPAN FES. 2015 >>
0
    JUGEMテーマ:アート・デザイン
     
    青森県立美術館で「誕生60周年記念 ミッフィー展」を、
    七戸町立鷹山宇一記念美術館で「平松礼二展 日本の美を求めて」を見てきました。
     

     
    当日は一日中けっこう強めに雨が降っていたのですが、
    県美はたくさんの人でにぎわってました。
    外壁にもミッフィーの顔が↑
     
    会場ではミッフィーの絵本の原画や、ディック・ブルーナさんの制作の様子、
    ミッフィー誕生60周年をお祝いし、
    180センチのミッフィーにクリエイターがペイントや装飾をした、
    「ミッフィー・アートパレード」の作品を見ることができました。
     

     
    「ミッフィー・アートパレード」のミッフィーたちは、
    日本からは祖父江慎さんやひびのこずえさん、増田セバスチャンさんなど、
    15組のアーティストが手掛けたそうです。
    個人的には、合田経郎さんのぬいぐるみのようなミッフィーと、
    気仙沼ニッティング&ほぼ日刊イトイ新聞のニットミッフィーが好きでした。
    福田利之さんのミッフィーは顔が衝撃的でした。
     
    「ミッフィー・アートパレード」のミッフィーは世界中に60体いて、
    展示終了後にオークションにかけられ、収益はユニセフのために使われるそうです。
     

     
    美術館エントランスには、小さな「ミッフィー・ミニ・アートパレード」もいました。
    私もペイントしてみたかった。
     
    今回は、小さいお子さんがたくさん見に来ていたのが印象的でした。
    グッズコーナーがすごく広くとられていて、とても混んでいました。
    私もお土産に、ミッフィーしおりとミッフィー手ぬぐいを買いました。
    ミッフィーかわいい。
     

     
    ミッフィーのあとは、鷹山宇一記念美術館で「平松礼二展」を見ました。
     
    雨が強かったので、駐車場からダッシュで美術館にかけこんだら、
    受付に鷹山ひばり館長さんが座っててびっくりしました。
    以前県美でお世話になったので、思いがけずご挨拶させていただくことができました。
     
    平松礼二展は、すごく良かったです!
    日本画で、美しい日本の風景とか四季とかを描いていて、すごくきれいで好きでした。
    桜や梅や菊が咲いていたり、枯野に風が吹いていたり、
    空に月が出て水田を照らしていたり、海に船が浮かんでいたり、
    空に星座が出ていたりしました。
    去年行ったフランスのジベルニーのモネの家にあった睡蓮の池を描いているのもあって、
    モネもきれいだったけど、平松礼二さんの睡蓮はモネとは全然違ってまたとても素敵で、
    本当に見に行って良かったです。
    今回の作品は、箱根・芦ノ湖 成川美術館所蔵ということで、
    そこに行ってみたくなりました。
     
     
    青森県立美術館と七戸町立鷹山宇一記念美術館には、
    8月に行う個展のチラシを置いていただくお願いをしました。
    ちなみに会場のはっちには、7月中旬から置いていただく予定です。
    良い作品たち見れたし、私もがんばろう!
    展覧会鑑賞 | 18:25 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://blog.net-de-lapinagile.com/trackback/1233306
    トラックバック