Blog de Lapinagile

 
新作、新着情報、日々の話題などをご紹介します。
0

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     

    十和田市現代美術館で「On the Beach ヨーガン レール 海からのメッセージ」見てきました。

     

    ヨーガン・レールさんはテキスタイルデザイナーとして活躍し、70年代から日本に移住して衣類やインテリアなどのデザインをしていた方だそうです。

    今回の展覧会では、沖縄に住まいを持っていたヨーガン・レールさんが、浜辺に打ち寄せる数々のプラスチックゴミを利用した作品をたくさん見ることができました。

     

     

    利用されている素材は、ペットボトルのキャップやら浮きやらバケツやらおもちゃやら、様々なものがありました。

    一つ一つがカラフルで、とてもきれいです。

    でも、これらは地球を汚すごみなのですね。

     

     

    すべて海を渡って浜辺に流れ着いたごみだと考えると、海にはどれだけのゴミが漂っているのかなと思いました。

     

     

    一見美しかったり、かわいかったり、ポップだったりする作品にも、ヨーガン・レールさんの環境に対する思いが込められています。

     

     

    大きなゴミだけではなく、砂に混じってしまうような小さなゴミもたくさんあるのですね。

     

     

    会場では、ヨーガン・レールさんのアイデアスケッチも展示されていました。

     

     

    ヨーガン・レールさんはポーランド生まれのドイツ人だそうですが、アイデアスケッチのメモは日本語だったりしました。

    日本に根差していたのですね。

     

    地球で生きてる私たちですが、地球の環境を壊すのも私たち、地球の環境が壊れてしまうと生きていけないのも私たちです。

    八戸の海はどうだったかなと思いました。

    ちょうど少し前に蕪島海水浴場のあたりを散歩した時に、流れ着いた流木を立てて遊んでいたのですが、その時にごみはあったかしら、そこまで注目して見てなかったのかしらと思いました。

     

     

    海はきれいなものだと思っていたのですが、そうではないということが、今回の展覧会で分かりました。

    今回の作品は美しいだけでなく、とても大きなメッセージを感じることができました。

    展覧会鑑賞 | 21:32 | author lapinagile | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    0

      JUGEMテーマ:アート・デザイン

       

       

      イオン下田で「ハローキティのワンダーランド 不思議アート」見てきました。

       

      会場には、一緒に写真を撮れる3Dのトリックアートがたくさんありました。

       

       

      様々な場面でキティと一緒に写真が撮れるので、楽しかったです。

       

      また、有名な作品がキティになったものも、たくさん展示してありました。

       

       

      レオナルドダヴィンチの「モナ・リザ」

       

       

      ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」

       

       

      スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」

       

       

      ルノアールの「ピアノに寄る少女たち」

       

       

      モネの「日傘を差す女」

       

       

      ドガの「舞台の踊り子たち」

       

       

      もひとつドガドガの踊り子のスケッチ

       

       

      ゴッホの「アルルの跳ね橋」

       

       

      ゴーギャンの「タヒチの女」

       

       

      日本からは葛飾北斎の「凱風快晴」

      などなど。

       

      誰もが知ってる名画がキティになって、とってもかわいかったです。

       

      また、教科書の錯視のページに載ってるような作品もいろいろありました。

       

       

      真ん中のりんごの大きさが違って見えるやつ

       

       

      色対比

      などなど。

       

      こちらもやはりキティでかわいかったです。

       

      キティのグッズ販売コーナーもありました。

      体験型の楽しくてかわいい展覧会でした。

      展覧会鑑賞 | 16:57 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0

        JUGEMテーマ:アート・デザイン

         

         

        八戸市美術館で「北斎展―師と弟子たち」を見てきました。

         

         

        美術館のエントランスのガラスにも、神奈川沖浪裏が。

        けっこう多くの人で賑わってました。

         

        展覧会では、葛飾北斎の「富嶽三十六景」や「東海道五十三次」、「忠臣蔵」、その他肉筆画なども見ることができました。

        北斎は改名癖があったそうで、90年の人生の中でたくさんの名前を使って絵を描いていたそうです。

        それにしても江戸時代に90歳まで絵を描き続けたなんて、すごいと思います。

        展示の解説にも、「スーパー老人ぶりを発揮」とあって、おもしろいなと思いました。

         

        今回私が特に見たかったのは、フランス人画家アンリ・リヴィエールの「エッフェル塔三十六景」です。

        アンリ・リヴィエールは北斎の「富嶽三十六景」に影響を受け、「エッフェル塔三十六景」を制作したそうです。

        5色刷りのリトグラフで制作されているそうで、浮世絵に影響を受けている感はあるのですが、でもやはり浮世絵とは違う雰囲気がありました。

        色使いも日本のものとは違います。

        とってもおしゃれな感じて、とても好きでした。

        私も版画作品を作るなら、こんな感じのを作りたいと思いました。

        アンリ・リヴィエールの作品を、もっといろいろ見てみたいと思いました。

        展覧会の会期は前期・後期で展示替えがされるそうで、「エッフェル塔三十六景」の残り半分も見られるようなので、できれば見に行きたいと思います。

        展覧会鑑賞 | 18:20 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        0

          JUGEMテーマ:アート・デザイン

           

           

          五所川原のELMで「進撃の巨人展SELECT WALL AOMORI」見てきました。

           

          生のマンガ原稿を見ることができました。

          実際の原稿は、印刷ではわからないようなペン使いとか、少年マガジン専用の原稿用紙に描かれてるとか、トーンの貼り方とかが見えて、面白かったです。

          マンガを描くって、大変なんだなと思いました。

           

          マンガのコマとプロジェクションマッピングを組み合わせたものもありました。

           

           

          物販コーナーもありました。

          人気のようでした。

           

          以前アニメは見ていたので、続きが放送されたら、また見たいと思います。

          展覧会鑑賞 | 17:58 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          0

            JUGEMテーマ:アート・デザイン

             

            金沢21世紀美術館で「西京人―西京は西京ではない、ゆえに西京は西京である。」を見てきました。

             

             

            金沢21世紀美術館には初めて行きました。

            以前から行ってみたいと思っていたのだけど、遠いし、なかなかチャンスがありませんでした。

            しかし今回、西京人展をやるというので、これはぜひ見たいということで、気合いを入れて行ってきました。

             

             

            西京人は、北京でも東京でもソウルでもないアジアのどこかの国、「芸術を愛する人々が住む国」の人です。

            日本の小沢剛さん、中国のチェン・シャオションさん、韓国のギムホンソックさんという、世界的に活躍する3人が物語る国です。

            昨年、十和田市現代美術館の「ジャンプ展」で西京人の西京オリンピックを見て、とても面白かったです。

            なので今回の西京人展も、ぜひ見たいということで金沢まで行きました。

             

             

            西京人展を訪れた人は、西京人の旗を持ち、入国管理局を通って西京に入国します。

            入国には、笑うか歌うか踊るかが必要です。

            入ればなかなか素敵な国です。

             

             

            西京にとって、スイカは重要な食物だそうです。

            「西京国大統領の日常」では、大統領がスイカ切り分けながら、楽しい都市計画を話し合う様子を見ることができました。

            その他にも、今年はリオオリンピックが開催されていますが、「西京オリンピック」「西京冬季オリンピック」も見ることができました。

            飛び込み、サッカー、卓球、射的、ウェイトリフティング、バスケットボール、アイスホッケー、カーリングなど、多くの最高記録が出て、戦った選手同士が固い握手を交わし、メダルの授与が行われていました。

            とにかく楽しい国でした。

            日中韓の境界線がなくなったような、境界線ということ自体がばからしいというか、そんな感じもする展覧会でした。

             

             

            それにしてもお盆の連休ということもあるのか、金沢21世紀美術館はすごい人でカオスでした。

            もっとゆっくり見たかったのだけど。

            チケット買うのにも30分も並びました。

            そんなに混んでると思わなかった。十和田レベルで考えてたらだめだったみたい。

            ついでに美術館のお隣にある兼六園も見てきました。

             

             

            金箔ソフトも食べました。

            暑くてすぐに溶けてきたので、すごく急いで食べたので金箔感を楽しむどころじゃなかった。

            金沢滞在時間4時間の強行だったのですが、次はもっとゆっくり行きたいです。

            展覧会鑑賞 | 16:44 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            0

              JUGEMテーマ:アート・デザイン

               

              秋田県立近代美術館で「ホキ美術館展ーこれが写実だ!驚きと感動の絵画ー」見てきました。

               

               

              秋田県横手市にある秋田県立近代美術館は、今回初めて行きました。

              八戸から高速道路に乗って約3時間、横手ICを降りてすぐの場所に美術館がありました。

              八戸からだと、秋田市に行くよりも行きやすいです。

              美術館は「秋田ふるさと村」というパラダイスの中にあり、ガラス張りのきれいな建物でした。

               

               

              美術館のまわりには野外彫刻なども多数ありました。

              秋田といったら秋田犬↑

               

               

              他にもマンモスとか、キリンとか、もちろん人物も、美術館の中に入らずとも様々な彫刻を見ることができました。

               

               

              なんかお城もありました。

              ワンダーキャッスルといって、トリックアートやアスレチック、おもちゃなどを楽しめるお城だそうです。

               

               

              さて、ホキ美術館展です。

              千葉にあるホキ美術館は、いつか行ってみたい場所です。

              今回はそのホキ美術館の作品たちを、東北、秋田で見れるということで、行ってきました。

              超写実、スーパーリアリズム(とはちょっと違うのかしら?)ということで、本当に写真と見紛うほどの作品の数々を見ることができました。

              よくもあんな繊細な、筆の跡さえ分からないほどの、どれだけの労力と時間がかかっているのだろうかという作品ばかりでした。

              「写真みたいな絵だったら写真でいいじゃん」と思ってしまうかもしれませんが、やっぱなんか写真とは別物だという感じがしました。

              何でかな?

              改めて、実際のホキ美術館に行ってみたくなりました。

              展覧会鑑賞 | 19:47 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              0

                 

                八戸市博物館で「かっぱ展」を見てきました。

                 

                全国のかっぱの文献や、八戸に伝わるかっぱの物語、かっぱの手のミイラなどを見ることができました。

                ついこの間まで吹上のあたりにあって、撤去された「メドツが出るぞ」の看板が、メインをはってました。

                この看板が設置された昭和51年(だったかな?)の新聞記事も展示されていて、それによりますと「今の子はメドツと言っても分からないだろうから、メドツって何と大人に聞いて、メドツの恐ろしさやその場所の危険さを分かってもらえたら」というようないきさつがあって、設置されたそうです。

                なるほど。たしかに「かっぱ」なら分かるかもだけど、「めどつ」だとあまり一般的じゃないみたいだし。

                それにしても昔から全国各地でかっぱ的な生き物は親しまれてるようですね。

                 

                ところで八戸市博物館にはとても久々に行きましたが、無形資料展示室には以前から行きたいと思ってました。

                八戸市内の小・中学校、高校、大学の校歌が聞けると聞いたから。

                自分の小・中学校の校歌、とても久々に聞くことができました。なつかしかった。歌詞とかけっこう忘れてた。

                高校の校歌は、ちょいちょい聞くことがありますが、母校以外にも他校の校歌も聞けるので、楽しかったです。

                八高校歌の伴奏は初めて聞いたし、今はもう聞けない南郷高校の校歌も聞けたし、北高校歌は個人的に好きだし、西高校歌は男女でハモってたりして、いろいろ発見があったりしました。

                こういう資料も保存されているので、博物館も大事だなと思いました。

                展覧会鑑賞 | 19:59 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                0

                  JUGEMテーマ:アート・デザイン

                   

                   

                  青森県立美術館で「開館10周年記念 改組 新 第2回日展 青森展」を見てきました。

                   

                   

                  県美は10周年だそうです。早いものですね。

                   

                  日展は、国内に数ある美術団体の一つが主催している美術展です。

                  日本では、明治の頃からいろんな流れの中で数々の美術団体ができたそうで、何展が何なのかはいまいちよく分かりません。

                  日展には、日本画、洋画、彫刻、美術工芸、書の5つの部門があるそうです。

                   

                  美術団体の公募展とかは、東京など大都市を中心にやるものだと思っていたので、県美の10周年記念で日展が来るというのは、何となく不思議な感じがしました。

                  5周年では印象派展が来てたけど。館長が変わったからなのかな?

                  そんなに興味があったわけではないのですが、とりあえず行ってみた。

                   

                  土曜日ということもあったのですが、思ったよりすごく混んでました。

                  先日行った岩手県美のモランディ展より全然混んでました。

                  みんなけっこう日展に興味あるんだなと思いました。

                  会場に入ると、日本画からはじまり、洋画、工芸、書、彫刻など、どれも大作の数々が、県美の広い展示室を埋め尽くすかのように所狭しと並んでいました。

                  日本画61点、洋画73点、彫刻42点、工芸美術44点、書48点だそうです。

                  青森の方で、入選した方々の作品もいくつか展示してありました。

                  全体的に具象な感じで、何となく学生の頃を思い出しました。

                   

                  なんだか、美術団体の公募展の作品を見ると、自分が何を目指すべきなのかが分からなくなってしまいます。

                  でもたくさんの方が大作に取り組んでいる様子を垣間見ることができて、良かったです。

                  展覧会鑑賞 | 12:50 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  0
                    JUGEMテーマ:アート・デザイン
                     

                     
                    岩手県立美術館で「ジョルジョ・モランディ―終わりなき変奏―」見てきました。
                     
                    モランディは、卓上の瓶などをモチーフとした静物画を繰り返し描いた、イタリアの画家です。
                    ピカソやブラックの時代に生き、セザンヌなどの影響を受けながら、独自の静物画を追及していたそうです。
                     
                    モチーフになっている瓶や壺、レンガのブロックのようなものは、どれもとてもシンプルで、色合いは全体的にグレイッシュな感じでした。
                    特に興味があって見に行った展覧会ではなかったのだけど、実物を見てみたら、ちょっと好きな感じでした。
                    作品自体は時間をかけて描いている様子ではないみたいだったけど、何回も何回も同じモチーフを、土っぽいような埃っぽいような、でも暗くない、明るすぎない色で描いてて、おもしろかったです。
                    モランディは花の絵も描いていたのですが、花の絵のほとんどは身近な人への贈り物として描いていたそうで、それってなんかいいなと思いました。
                     
                     
                    ところで、美術館に行った日は、ちょうど「美術館てくてくツアー」というイベントをやっていたので、参加してきました。
                    学芸員さんが美術館の建築のことを話してくださったり、美術館の裏側を見学できたりするイベントでした。
                    私は、北海道立函館美術館と、青森県立美術館で、裏側(バックヤードと言っていいのかしら?)に入ったことがあります。
                    美術館の機能としてはどこも似たような感じですが、岩手県立美術館の裏側は、特にすっきりしていたように感じました。
                    トラックが入ることができる作品搬入口から企画展示室まで、一直線で結ばれており、その途中が十字路になっていて、十字路の片側には作品収蔵庫、反対側には2階の常設展示室に向かう大型エレベーターがあります。
                    収蔵庫の中も見たかったけれど、さすがにそこまでは入れてもらえず、しかし収蔵庫内の写真のパネルを見せていただけました。
                    図書保管室なども見ることができて、おもしろかったです。
                    岩手県立美術館の建築のコンセプトは「素なるもの」だそうです。
                    大理石が使われていたり、左官の壁になっていたりと、建築物っていろいろ考えられて作られてるんだなと思いました。
                    展覧会鑑賞 | 21:12 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    0
                      JUGEMテーマ:アート・デザイン
                       

                       
                      八戸市美術館で「月舘れい展〜描くことは生きること〜」見てきました。
                       
                      月舘れいさんは八戸市出身で、二科展で活躍された女流画家です。
                      昨年亡くなられ、初めての大規模展覧会として開催されています。
                       
                      会場には100号の大作や水彩画、月舘さんがモチーフにしていた小物などが展示されていました。
                      かわいらしい木製の天使や、やわらかい形の壺、外国製の燭台などをモチーフにされていたようで、それらのモチーフを見て作品を改めて見ると、何となく親近感がわきました。
                       
                      なんか、とっても「女流画家」っていうのがしっくりくる方だなと思いました。
                      そしたら私は一体何なんだろ。
                      展覧会鑑賞 | 21:38 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      • 1/8PAGES
                      • >>