Blog de Lapinagile

 
新作、新着情報、日々の話題などをご紹介します。
0

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     

     

    あけましておめでとうございます。

    ブログもホームページも、だいぶご無沙汰しておりました。

    一昨年生まれた双子にかかりっきりの毎日で、ろくに作品制作もしておりません。

    昨年はブログさえも書きませんでしたね。

     

     

    昨年のやつです。

     

    今は双子に手いっぱいですが、そのうち少しずつ制作も再開していければなと思っています。

    今年もよろしくお願いいたします。

    日常 | 23:33 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    0

      JUGEMテーマ:アート・デザイン

       

       

      昨日のデーリー東北さんに、現在開催中の「N.E.blood21 vol.62 坂本英子」の記事を載せていただきました。

       

      宮城県の新聞、河北新報社さんも、記事を載せてくださったようです。

      http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170511_13048.html

       

      「N.E.blood21 vol.62 坂本英子」は、6月18日(日)までの開催です。

      お近くにいらっしゃる際は、ぜひお立ち寄りください。

       

      --------------------------------------------------------------------------

      N.E.blood21 vol.62 坂本英子展
      2017年5月3日(水)〜6月18日(日)

      9:30〜17:00(入場16:30まで)

      月・火曜日、祝日の翌日閉館
      リアス・アーク美術館
      (宮城県気仙沼市赤岩牧沢138-5)
      観覧無料

      リアス・アーク美術館HP http://rias-ark.sakura.ne.jp/2/
      ホームページ Net de Lapinagileもぜひご覧ください。
      --------------------------------------------------------------------------

       

      お知らせ | 18:50 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0

        JUGEMテーマ:アート・デザイン

         

         

        今日から宮城県気仙沼市のリアス・アーク美術館で、「N.E.blood21 vol.62 坂本英子」が始まります。

        6月18日(日)までの開催です。

         

        "N.E.blood 21"は、宮城県気仙沼市のリアス・アーク美術館さんが、精力的に制作・発表を行っている東北・北海道在住の若手作家を紹介しているシリーズ企画です。

        今回、その第62弾として、展示をしていただいています。
        2011年に、この"N.E.blood 21"で取り上げていただけることになっていたのですが、東日本大震災でリアス・アーク美術館も被災し、中止となってしまいました。
        その際、過去の"N.E.blood 21"参加作家さん方と青森県立美術館さんのご協力により、2012年に復興支援特別企画として、「気仙沼/リアス・アーク美術館/N.E.blood21:坂本英子」展を青森県立美術館で開催していただきました。
        その後、リアス・アーク美術館も復興が進み、"N.E.blood 21"も再開し、今回改めて展示をしていただけることとなりました。
         "N.E.blood 21"が再開することは、少しずつでも被災地の復興が進んでいることが実感できるようで、とても心強いです。
        今回作品を取り上げていただけることは、リアス・アーク美術館にも、2012年に展示をしていただいた青森県立美術館にも、とても感謝しています。
         
        今回は、古くは2008年から現在までの作品、全61点を展示しています。
        青森県立美術館での展示から、私の作品も少しずつですがステップアップできているのではないかと思います。
        公立の美術館で、これだけの作品を取り上げていただける機会はなかなかないことと思っておりますので、ぜひご覧いただけましたら嬉しいです。
         

        --------------------------------------------------------------------------

        N.E.blood21 vol.62 坂本英子展
        2017年5月3日(水)〜6月18日(日)

        9:30〜17:00(入場16:30まで)
        リアス・アーク美術館
        (宮城県気仙沼市赤岩牧沢138-5)
        観覧無料

        リアス・アーク美術館HP http://rias-ark.sakura.ne.jp/2/
        ホームページ Net de Lapinagileもぜひご覧ください。
        --------------------------------------------------------------------------

         

        お知らせ | 12:00 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        0

          JUGEMテーマ:アート・デザイン

           

           

          あけましておめでとうございます。

           

          昨年は個展にグループ展にクラフト市にと、楽しく過ごさせていただきました。

          今年もたくさん絵を描きたいです。

          まずは、昨年中に完成させたいと思ってたけど完成できなかった10号1点、それから夏から進んでない100号1点を春までには完成させたいです。

          今年もパワフルに活動していければなと思います。

           

          良い1年になりますように。

          今年もよろしくお願いいたします。

          日常 | 13:23 | author lapinagile | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          0

            JUGEMテーマ:アート・デザイン

             

            十和田市現代美術館で「On the Beach ヨーガン レール 海からのメッセージ」見てきました。

             

            ヨーガン・レールさんはテキスタイルデザイナーとして活躍し、70年代から日本に移住して衣類やインテリアなどのデザインをしていた方だそうです。

            今回の展覧会では、沖縄に住まいを持っていたヨーガン・レールさんが、浜辺に打ち寄せる数々のプラスチックゴミを利用した作品をたくさん見ることができました。

             

             

            利用されている素材は、ペットボトルのキャップやら浮きやらバケツやらおもちゃやら、様々なものがありました。

            一つ一つがカラフルで、とてもきれいです。

            でも、これらは地球を汚すごみなのですね。

             

             

            すべて海を渡って浜辺に流れ着いたごみだと考えると、海にはどれだけのゴミが漂っているのかなと思いました。

             

             

            一見美しかったり、かわいかったり、ポップだったりする作品にも、ヨーガン・レールさんの環境に対する思いが込められています。

             

             

            大きなゴミだけではなく、砂に混じってしまうような小さなゴミもたくさんあるのですね。

             

             

            会場では、ヨーガン・レールさんのアイデアスケッチも展示されていました。

             

             

            ヨーガン・レールさんはポーランド生まれのドイツ人だそうですが、アイデアスケッチのメモは日本語だったりしました。

            日本に根差していたのですね。

             

            地球で生きてる私たちですが、地球の環境を壊すのも私たち、地球の環境が壊れてしまうと生きていけないのも私たちです。

            八戸の海はどうだったかなと思いました。

            ちょうど少し前に蕪島海水浴場のあたりを散歩した時に、流れ着いた流木を立てて遊んでいたのですが、その時にごみはあったかしら、そこまで注目して見てなかったのかしらと思いました。

             

             

            海はきれいなものだと思っていたのですが、そうではないということが、今回の展覧会で分かりました。

            今回の作品は美しいだけでなく、とても大きなメッセージを感じることができました。

            展覧会鑑賞 | 21:32 | author lapinagile | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
            • 1/72PAGES
            • >>